上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


今日は弟が亡くなった日です。そして、そして・・・?


恐ろしいほどの猛暑が続く8月。市立病院の中にある、「327号室」という白い箱の中で弟は息を引き取りました。
けたたましい声をあげながら崩れ落ちた母は何も知らない。


――――――――――――――――――――――――――-

「僕がいくら泣いたって、それはもう何にもならない。すぐに、溶けてなくなってしまうから」

「きっと、『悲しい』なんて気持ちもよく分らなくなっているんだね」


そう、僕は知っている。お前は知らないだろうけど、僕は知っているんだよ。


スポンサーサイト
テーマ : 自作小説    ジャンル : 小説・文学
2010_04_21


03  « 2010_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

プロフィール

えびじゅう

Author:えびじゅう
海老銃へようこそ。
このページは文芸創作サークル・海老銃の作品掲載をしています。
無断転用・荒し・勧誘はお断りしています。
コメント、批評は大量に受け付けております!

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

今日はどんな日?

全記事表示リンク




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。