上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


ちょっとは部員らしく……しないと泣
といって駄文を載せてしまいますっ

なんだよ……ケっ。っていってください。

**************************

『―――?』
「!?」
驚きのあまり、箸から貴重なエビフライが落ちた。

『知り合い以上友達未満』

大きな窓から、濃いだいだいの光が教室を染めている。
「あれ?お前、まだ残ってたのか。」
廊下のぞく顔があった。
「わ~た~べ~…。」
「なんだよ?」
少し驚いたように廊下にあった足を教室に入れる。
「はぁ~。」
このエビフライ泥棒めッ
「おい、教室で居眠りするにはもう暑いだろ。」
そう言って机の杖に伏せっている私の頭を何か堅いもので軽く叩く。
「…痛い、何?」
「ああ、絵具。」
「えのぐ?」
「俺、美術部入ったから。」
「部活か…ってえぇ?部活入ったの!?」
びっくりして顔を上げたら、確かに、イーゼルとスケッチブックを担いでいた。
「うん。なんで?」
「…ふぅーん。」
「何だよ。で、何かあったの?こんな所で。」
「…今日、お昼山口さんたちが誘ってくれた。」
「おっ。よかったじゃん。話せたか?」
「…うん、まぁ。」
あれは、話したというより、尋問だな。
「何、話した?」
「・・・・。」
何って…『谷野さんと渡部君ってつきあってるの?』だよ。


スポンサーサイト
テーマ : 自作小説    ジャンル : 小説・文学
2009_10_15


こんにちはぁ~
幽霊部員化している、すりおろしりんご【単品】です。
なんてかわいいブログvvvv
開設おめでとうございます!!

何を書こうかと思いましたが、『こんなセリフが好きだ集』です。
つながってはないです。

*********
●告白篇

「……つきあってくださいっ!」
「ウン。いいよ~どこまで?」

「好きです!」
「あの……罰ゲームか何かですかね?」

●揚げ足取り篇

「どこ住んでるの?」
「ちきゅー」

「何とか言ったら!?」
「ナントカ。」

「ねぇ、聞いて!知ってる?」
「……知らない」

************

どうでもいい、こんなセリフをこよなく愛したりします。
失礼しました
2009_10_10


03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

プロフィール

えびじゅう

Author:えびじゅう
海老銃へようこそ。
このページは文芸創作サークル・海老銃の作品掲載をしています。
無断転用・荒し・勧誘はお断りしています。
コメント、批評は大量に受け付けております!

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

今日はどんな日?

全記事表示リンク




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。